2013年10月26日

BuildLiveJAPAN2013 結果発表

10/25に開催されたArchi Future 2013でBuild Live JAPAN2013の結果が発表されました!

★優秀賞★
チーム Guppy
チーム スカンクワークス 

--------------------------------------------------------------------------------
アワード

★環境設計賞
チーム 東北工業大学許雷研究室

★デザインプロセス賞 
チーム Guppy

★プロジェクトデザイン賞
チーム 東京都市大学デザインマネジメント&インテリアプランニング研究室

★BIMプランニング賞
チーム Rabbits

★BIMフロンティア賞
チーム スカンクワークス

★BuildingSmart大賞
チーム スカンクワークス

皆様、100時間お疲れ様でした。
来年は、沖縄が舞台です!
ますます、腕に磨きをかけてくださいね猫猫
posted by IAI日本 at 21:37| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

BuildLiveJapan2013終了!!

10月4日 17:00 BuildLiveJapan2013 終了るんるん

ほんと、お疲れ様でした
各チームともに、「集合住宅の建て替え案」いかがでしたでしょうか?
満足いくまでやりきれましたか?
今回は各チームのアピールサイトで100時間の作業の進捗・流れをみることができ、
一緒に作業しているような気持ちになりました。

今回のBuildLiveJapan2013の結果発表は10月25日開催されます、
【ArchiFuture2013】で発表いたします。
http://www.archifuture.jp/2013/

是非、皆さんご来場ください。 
事前申し込みなっておりますので、たとえBLJ2013へのご参加されたチームの方であっても事前申し込みを行ってください。

では、みなさん、今夜はゆっくりお休みください眠い(睡眠)眠い(睡眠)猫猫


posted by IAI日本 at 17:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12時間を切りました・・・・

 おはようございます。
とうとう、あと12時間となりました。
作業の進捗はどうでしょうか?

提出物、忘れ物の無いように、そして、制限時間内に提出してください。
ギリギリになると、サーバが込み合います、できたものからの提出をお勧めします。

ほんと、あと少し・・・、最後まで頑張ってくださいね猫猫
posted by IAI日本 at 05:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

協賛各社さまのご紹介

 今回のBuild Live Japan2013でも、開催にあたり、たくさんの企業様よりご協賛をいただいております。
 主催者一同、お礼を申し上げます!

 ◆ご提供(50音順)
   ご協賛金にてご協力頂きました、各社・団体様です。
   今回もBuild Live Japan2013の運営ならびに作品集の制作を行うことができます。
 
 エーアンドエー株式会社
VWA2013_banner.jpg


 NYKシステムズ株式会社
Rebroバナー(180×80).png


 グラフィソフト ジャパン株式会社
GSJ.png


 株式会社構造計画研究所
構造計画研究所.jpg


 株式会社シェルパ
bannerSherpa180×60.png


 株式会社シスプロ
 シスプロ


 特定非営利活動法人 設備システム研究会
 設備システム研究会


 株式会社東熱
 Tonets.png


 ◆アワードでのご協賛(50音順)
 オートデスク株式会社
 BuildLive-Autodesk.jpg

   参加チーム全員に賞品をご用意いただけるようです。楽しみですね。
 
 株式会社構造計画研究所
 構造計画研究所.jpg

   遠隔地にいる作業者同士の目と音を画面で共有し、遠隔地から作業支援を行うシステム
   【RemoteGuideware】の半年間無償利用権をご提供いただきました。

 生活産業研究所株式会社
 バナー_生活産業研究所.gif

   ご準備中いただいております。

特定非営利活動法人 設備システム研究会
 設備システム研究会

 
   学生チームの方に「初級技術者のための施工図作成マニュアル/空調設備工事編
   および衛生設備工事編」を進呈
   また、学生チームで設備分野への取り組みが優秀であった方へ、
   設備システム研究会での講演および懇親会へのご招待いただけるそうです!

 株式会社日本ヒューレット・パッカード
 HP_LOGO18060.gif

   今年もモバイルワークステーション1台をご提供いただきます!

 株式会社レノボジャパン
 renovo.jpg

   タブレット製品をご準備いただいております。

 ◆サービス提供でのご協賛
 エイコネックス・ジャパン 株式会社
 aconex-blj.png

   オンラインコラボレーションクラウドサービスaconexをご提供いただき、IFCデータを読み込み、
   オンラインのビューワでモデル、属性情報などを表示するBIMクラウドサービスのベータ版を
   Build Live Japan 2013参加各チームへ提供いただいております。

 ◆データ提供
 パスコ株式会社
 パスコ

 
   昨年に引き続き、3D敷地モデルの作成時にGISデータのご協力をいただきました。

ご協賛企業、団体のみなさま、ありがとうございます!
posted by IAI日本 at 04:24| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BIMクラウドとBCFとSolibri Model Checker

後半戦に差し掛かりましたが、5チーム中3チームがBIMクラウド活用にチャレンジしています。
ここで、BIM3.0的なBIMクラウド活用手法についてBLJ2013運営チームが実験してみたので紹介いたします。各チームのBIMクラウドチャレンジに参考になれば幸いです。

  1. acnex BIMクラウド上でコメント機能を実行:あるオブジェクトを選択し、コメントを追加、カメラ位置の設定、スナップショット画像を取得

  2. BCF作成:追加したコメント情報をBIM Collaboration Format(BCF)としてダウンロード

  3. Solibri Model Checker(SMC)でBCFをインポート:SMCのプレゼンテーション作成機能でBCFをインポート。aconex BIMクラウドで追加したコメント情報をSMC上で確認することが可能。


BIMcloud-aconex-BIM3-20131003-01.png
aconex BIMクラウドのコメント機能例(右下ペインにコメント挿入例)。コメント入力の後ExportボタンによりBCFをダウンロード可能。


BIMcloud-aconex-BIM3-20131003-02.png
Soribli Model CheckerへBCFインポート:aconex BIMクラウドからダウンロードしたBCFおよび、aconexにアップロードしたのと同じIFCデータをSMCへ読み込み、コメント情報をSMC上で表示した例。


posted by IAI日本 at 00:07| Comment(0) | BIMクラウド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

東北工業大学許雷研究室 BIMクラウドデビュー!

東北工業大学許雷研究室チームさん、Welcome to BIM Cloud!
LOD2相当のモデルがaconex BIMクラウドへアップロードされています。
BIMcloud-aconex-TUTmodel-20131003-01.png.png
ワンポイント知識:IFCを出力する際、日本語のエンコード方法を、S-JISではなくUNICODEにするとaconex上での日本語表示が正常になります。

posted by IAI日本 at 22:43| Comment(0) | BIMクラウド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。